月経の定義

SoaLaでは毎月色んなテーマで勉強会を行っています。


その内容をブログでも少しずつご紹介いたします。



先月のテーマだった「月経」。


小学生の時に男女分かれて授業を受けたはずなのに、私は見事に覚えていませんでした(^_^;)


特に意識することもなく、「毎月来るめんどくさいあれね」という感覚でした。(すみません…)




それでは月経とは何か?

月経とは、子宮内膜からの周期的な出血のことをいいます。


(だいたい約1ヶ月に1度ですね。もちろん個人差があります。)


月経血の内容物は…

・血液

・粘液

・子宮内膜細胞

・子宮内膜細胞が剥がれたことにより生じた傷からの分泌液

・細菌




通常、傷から出血した場合、血液が凝固して止血されます。

(短期間に大量出血した時を除く。)


月経血が凝固しないのは、血液が固まるのを防ぐ作用を持つ「プラスミン」という酵素が月経血中に存在するからといわれています。



月経血の量が多かったり、プラスミンが不足すると塊(凝血塊)が出ることがあります。

ただし、塊は親指の頭ぐらいまでなら心配ないといわれています。



月経は、妊娠に至らなかった子宮内膜を除去するために起こるものですね。